DreamBase

ブドウ栽培 ICTで省力化

北海道大学が中心となり情報通信技術(ICT)などを活用して省力化を図るスマート農業化への研究開発事業が空知管内浦臼町「鶴沼ワイナリー」で取り組みが始まっています。

実証実験を本格化させ、2026年度をめどに、草刈りや農薬散布、収穫など醸造用ブドウ栽培での実用化を目指すそうです。

 

北海道新聞様に掲載されていました記事になります。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/526622

 

 

DreamBase

Others post

他の投稿